未分類

体の冷えと生理痛の関係

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321

生理痛は体が冷えることで痛みが激しくなるというのをご存知でしたか?

生理痛ほとんどの女性が経験した事があると思いますが、痛みの強さは人によって様々で、痛みが軽い人もいれば生理のたびに激しい痛みに苦しむ人もいます。

私もかつてはそうでした。生理の初日は絶対に痛み止めを飲んでいましたし、仕事に行くときは這って行くという感じでした。
年齢的な部分もあるかもしれませんが、今では生理痛はほぼなくこれは冷えとりと布ナプキンのおかげなのでは?と思っています。
体の冷えと生理痛はどのような関係があるのでしょうか。
そもそも生理というのは不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、経血と共に子宮外へ排出される現象をいいます。
経血は子宮が収縮することで子宮外に排出されます。
一般的な原因として生理痛がおこるのが、この子宮の収縮が原因と言われています。

体が冷えると、経血の排出がされにくくなる

体が冷えて血行が悪くなると、骨盤まわりの血行も悪くなり経血の排出もされにくくなります。
生理中はいつもよりも体を冷やさないように気をつけましょう!生理痛がある場合は、腹巻でお腹を温めたり、使い捨てカイロをお腹や腰まわりに貼ると生理痛が緩和させるようです。もちろん靴下の重ね履きもわすれずに。
そして、生理痛緩和におススメしたいのが布ナプキンです。
布ナプキンとは生理用の使い捨てナプキンが布でできているもので洗濯をすれば何度も繰り返して使用することができます。
私も、使い捨てナプキンから布ナプキンにしたことで生理痛が緩和したことを実感しています。布ナプキンにするとじんわりと温かさを感じることができます。
「体を冷やすと生理痛が激しくなる」ということを考えたら、布ナプキンを使用してお尻まわりを温めることで生理痛が緩和されるのではないかと言われています。

生理痛は仕方ないと思うよりもできることから始めてみるのもよいのではないでしょうか。