未分類

世界最古の神社 大神神社に行ってきました。

P1050034

高さ32.2mというめちゃくちゃ大きい、昭和59年に昭和天皇のために造られたという大鳥居です。

※小さい爬虫類の写真があります。苦手な方はみないでくださいね~

奈良県の桜井市にある大神(おおみわ)神社は、日本最古の神社といわれています。
ご神体は三輪山そのもので、本殿はなく、拝殿から三ツ鳥居を通して山に向かって拝むそうです。

三輪山は国を開いた大物主大神(大国様)が御魂を留めたという霊山で「神の宿る山」として崇められてきました。

 

P1050020

参道を歩いていると美しいグラデーションのトカゲ?に遭遇。

P1050032 P1050031

神様の遣いの蛇が山には住んでいるといわれており、願い事を丸のみしてくれるとのことで
お酒や卵が供えられていました。このトカゲも神様の使いかも?

ご神体には山初穂料300円で入れるようでしたが、神々しくてちょっと入るのがためらわれました。
進んでいくと狭井神社があります。狭井神社は大神神社の摂社のひとつで「薬の神様」と言われています。
狭井神社の本殿の裏には三輪山から湧き出る神の山からの水が飲める「薬井戸」があります。
この御神水は古来から万病に効くと言われているようでみなさん大きなペットボトル持参で汲みに来ていました。

お水は自由に飲むことができます。森と神様に囲まれながら飲むお水は最高においしかったです。